乃楽里来裸狸
シーアンカー バタフライ ランタンの格闘
部品の到着までに、各部の点検がてら綺麗にしてみます。
アンカー系とバタフライ系では使ってるパーツが違うのでしょうか、たぶん
e0188623_18012852.jpg
こちらが、バタフライ系
噴射口とかぶせが合ってない、このままではバーナーの炎上、早速プライヤでクニュと
e0188623_18030486.jpg
右端のが、アンカー系
使われてる金属も違います、私のアンカーランタンは風防パイプはブラス製
今回注文で届いたのは簡単なブリキ製です
両方とも中国で生産された製品?故障が多いので物で。
今回届いた点火バーナーも数秒だけいい感じで使えましたが後はダメみたいです
e0188623_18133350.jpg
で目詰まりで使えないかった、点火バーナーを分解を行い、キャブクリーナーで洗浄を行います
e0188623_18173322.jpg
ノズルが2重になっており、内側のノズルには3個の灯油噴射口の穴が3個ありそれぞれも綺麗に見えるようにまで綺麗に出来ました、次回にはこちらを取り付けて使う予定です
この下に着くホースみたいな先にも小さな金属ネットが施されて少し驚きです。
e0188623_18224748.jpg
今回使った部品のお掃除小物です 和光ケミカルは趣味のバイク関係では何時も使ってるのです
メタルコンパンドはよく使われてるピカールのような臭いが殆どないので何処でも使えて便利ですピカールはたぶん灯油系だったと思うんですがかなり臭いがキツイです、バフ機も時々使ってます、通常は青棒を使います。
キャブクリーナーはポンプ機用に用意してた

[PR]
by ukigumoni | 2014-08-14 15:19 | ランタン
<< 復活! ケシロンランタン 350CP アンカー加圧式石油ランタン 3... >>