乃楽里来裸狸
脳梗塞は防げるのか 2回目
そう、起きることの回避は難しいです。
ただ。みんな解ってるんです。絶対に!
無理のない運動・水分補給・塩分控えめ・聞けば当たり前なんでしょうが、私もそうですが、
なってみないと行動は出来ないし支援をしてくれる方もいると違ってきます。
運に任すほかないのが現状。

ただ、私のような軽い後遺症で終わった事は、勉強と思い上手く今後も付き合っていく以外方法は選ぶ手段は無いのです。
入院当日は、上は200超えで自身で歩く事も禁止され、トイレに行くのも看護師さんの手を借りる以外ない状態で
、24時間点滴と1時間おきの血圧を測ることを入院当日は看護師さんが1時間おきに計りに来てもらってましたが。
2日目以降は自動で計る装置をつけ24時間点滴を自動で落とす器具も着けて3日間が過ぎてました。
3日目ぐらいからは、上は150前後・下は100前後と落ち着いたようなので多少自由に動かしてもらえるようになりました。
脳梗塞は最初になって1週間以内にもう1回起きる事が多いいらしいです。
例外なく私も今回の約1週間前にもMRIで見ると起きてた形跡がハッキリと分かりました。
しかし、前数十年前に外傷性の形跡もあるようでした、
この外傷性とはハッキリとは聞いてないのですが、読んで字の如くなのでしょう。
おおくの方も、幼いごろから少年期には思い当たる出来事はあるのではないかと思います。

鉄棒から落ちる・キャチボールのボールが当たる・階段から落ちる・交通事故に合う・と考えれば色んな事が思い浮かびますが、
頭を打てばすべてがなるわけでは当然ないでしょうし、例えなっても脳梗塞になるとは思えないでしょう。
e0188623_17072933.jpg
                                               広島ブログ

by ukigumoni | 2018-11-18 17:12 | いろいろ | Comments(0)
脳梗塞は防げるのか >>